標準

社長あいさつ

代表取締役社長 下嶋 政幸

代表取締役社長 下嶋 政幸

お客さまと共に兼松グループならではの価値創造を目指して

 兼松グループは、2015年3月期より創業130周年に向けた5ヵ年の中期ビジョン「VISION-130」を掲げ、着実に諸施策を推進しております。 このたび、これまでの進捗状況や市場環境の変化などを鑑み、目標や取組みの見直しを行いました。引き続き「事業創造で成長し続ける企業」として、「健全な 財務体質の維持」とお取引先との共生・発展による「収益基盤の拡大」を経営方針とし、攻めの姿勢で臨んで参ります。そして、グローバル展開を図る日本企業 にとっての力強いパートナーとして、また国際的な舞台で高い競争力をもつ企業として、次なる成長を実現して参ります。
 その成長の源泉は、お客 さ まとの信頼関係にあると考えております。長きにわたる深い信頼関係を築くには、企業としての理念を持ち、行動に示していくことが重要です。兼松では、創業 者兼松房治郎の創業の精神を企業理念としており、開拓者精神を発揮し、常に積極的な創意工夫に挑みながら、その時代に即した経済発展を支えていく企業であ ることを指針としております。総合商社としての社会的使命と責任を深く自覚し、社会のニーズや課題から新たな価値やソリューションを生み出し、お客さまと 共に成長する企業として、これからも存在価値を高めて参ります。
 ご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2016年6月
代表取締役社長
下嶋 政幸

clear both