食料

ベトナムの酪農飼料事業へ進出

兼松は、2013年にベトナムの乳業メーカーDalat Milk(ダラットミルク社)に出資、業務提携を結びました。
同社と共同で酪農用配合飼料センターを設立・運営し、コーンサイレージなどの酪農用発酵飼料の製造を行います。
ベトナムでは、消費意欲の高い若年層や、経済成長に伴う食の多様化により、乳製品の消費拡大が見込まれおり、それに対応するものです。
兼松では、長年にわたり、日本向け酪農用飼料ではトップクラスの販売シェアを維持し、安全で安心な高性能飼料の安定供給に努めてきました。
その実績を活かし、ダラットミルク社に飼料原料となる牧草・コーン・大豆粕などを供給し、日本の酪農技術の指導も行います。
さらに、今後成長が見込まれるベトナムにおいて、酪農用飼料の販売拡大や飼料原料の生産拠点の拡充も図っていきます。

関連プレスリリース:

  • YAHOOファイナンス
  • JPX日経400
  • JPX日経中小型