食料

スマートアグリ分野への進出

国際競争に負けない畜産農家へ

兼松と兼松アグリテック株式会社は、スマートアグリ分野に進出すべく、株式会社ファームノートへの出資を2015年に実施しました。同社は酪農・畜産農家の生産性を向上させるためのクラウド牛群管理システム「Farmnote」 の開発・提供を行うベンチャー企業で、スマートアグリ分野で急成長を果たしています。「Farmnote」は、スマートデバ イスへのタッチ操作だけで牧場経営を「見える化」し、生産性向上に不可欠な繁殖・疾病・搾乳・移動などのデータの適切な管理が可能となります。  
兼松グループは長年にわたり酪農用飼料原料供給でトップクラスの販売シェアを維持しており、これらの販売網を活用して「Farmnote」の販促を行うとともに、将来的には、日本で培ったノウハウの海外展開サポートも行っていきます。

 

関連プレスリリース:

  • YAHOOファイナンス
  • JPX日経400
  • JPX日経中小型