標準

沿革

年表

1889
(明治22)
兼松房治郎が、神戸に「豪州貿易兼松房治郎商店」を創業。
1890
(明治23)
シドニーに支店を開設し、豪州羊毛の輸入を始める。
1891
(明治24)
北川与平が「江商株式会社」の前身である「北川商店」を創業。
1900
(明治33)
豪州小麦の輸入に着手。
1913
(大正2)
2月6日 兼松房治郎 逝去 68歳
1918
(大正7)
「株式会社兼松商店」に改組。資本金200万円
1922
(大正11)
シドニー支店を現地法人に改組。
1934
(昭和9)
兼松羊毛研究所設立(現在のカネヨウ株式会社)
1936
(昭和11)
ニューヨーク、シアトルに店舗を開設。
1937
(昭和12)
ニュージーランドに現地法人を設立。
1943
(昭和18)
兼松株式会社に商号を変更。
1949
(昭和24)
社員の海外渡航再開。第一陣が米国へ出発。
営業の多角化、総合商社へと向かう。
1951
(昭和26)
戦後の日本商社として初めてニューヨークに現地法人を設立。
ブラジルに現地法人を設立
1957
(昭和32)
西独に現地法人を設立。
1961
(昭和36)
全株式を従業員が保有という組織を廃し、株式公開(大阪証券取引所市場第二部。1963年に市場第一部銘柄に指定、2010年に上場廃止)。
イランに現地法人を設立。
1966
(昭和41)
タイに現地法人を設立。
1967
(昭和42)
江商と合併し「兼松江商株式会社」発足。
1969
(昭和44)
名古屋支店を支社に。
1970
(昭和45)
東京支社を本社に。
1973
(昭和48)
株式を東京証券取引所市場第一部に上場。
名古屋両証券取引所第一部に上場(2003年に上場廃止)。
1975
(昭和50)
香港に現地法人を設立。
1979
(昭和54)
国交回復後の中国・北京に駐在員事務所を開設。
1989
(平成1)
イギリスに現地法人を設立。
1990
(平成2)
1月1日「兼松株式会社」に商号変更。
兼松豪州会社が創業100周年を迎える。
1991
(平成3)
2月東京本社を現在の港区芝浦に移転。
イギリスに欧州統括を目的として兼松欧州会社設立。
2011
(平成23)
ドイツ現地法人に兼松欧州会社を統合。
2012
(平成24)
インドに現地法人を設立。
2014
(平成26)
創業125周年を迎える。
clear both