食料

米国での牧草加工会社への出資

兼松は、酪農産業において重要な粗飼料のアジアでのリーディングカンパニーとして、国内外で年間約40万トンにも及ぶ幅広い商品を取り扱っています。乳製品の世界的な需要増加が⾒込まれる中、牧草の安定供給確保を⽬的として、北⽶⻄海岸のワシントン州とカリフォルニア州において3⼯場体制で牧草加⼯事業を⾏っているSAGE HILL NORTHWEST INC社に出資し、⽇本・中国・中東・アジア各国へ高品質な牧草の輸出を⾏っています。SAGE HILL社は、1982年創業で⽶国牧草加⼯業界のパイオニア企業であり、周辺の⼤規模牧草農家とも連携し、輸出量は創業時から15倍以上に増加するなど順調に業績を伸ばしています。兼松はSAGE HILL社と創業初期から協業しながら、⾼品質牧草の需要家である⽇本酪農業界への安定供給を図りつつ、世界各地でのマーケティング、拡販活動を⾏っています。

  • YAHOOファイナンス
  • JPX日経400
  • JPX日経中小型