航空宇宙部

兼松は、官公庁向け航空機、ヘリコプター・部品を中心に取引拡大を図っています。防衛分野では、各種防衛装備品の提案活動を通じた事業領域の拡大を図っています。そのほか、宇宙分野では、人工衛星、搭載品、衛星通信監視システムや宇宙関連サービスを通じたビジネス基盤の拡大に努めています。民間航空分野では、航空機部品のパーツアウト事業、循環部品事業において積極的な事業投資を行い、将来に向けたインフラ構築を進めています。

特色

高い専門知識と豊富なネットワークと情報量

官公庁向け航空機、ヘリコプター、同搭載機器・部品を中心に取引拡大を図っています。防衛分野では、無人標的機をはじめとし、各種防衛装備品の提案活動を通じた事業領域の拡大を図っています。 そのほか、宇宙分野では、人工衛星、搭載品、衛星通信監視システムや宇宙関連サービスを通じたビジネス基盤の拡大に努めています。また、アフターコロナの市場回復が期待される民間航空分野では、航空機部品のパーツアウト事業、循環部品事業において積極的な事業投資を行い、将来に向けたインフラ構築を進めています。

新規事業の創出

新規事業創出の一環として、ヘリコプターが吊す貨物・救護器具や建設現場における吊り荷の回転防止装置を開発するスタートアップ企業と協業を開始し、人命救助や建設作業の効率化・安全性・省人化の向上に取り組んでいます。また、空飛ぶクルマを活用したサービスの社会実装を目指し、自治体との連携した実証実験を推進しています。商用宇宙ステーションを利用した事業開発を目指しスタートアップ企業へ出資、戦略的パートナーシップ契約を締結しました。

主な製品・サービス

民間航空機用循環部品事業

兼松のグループ会社であるKG Aircraft Rotables Co., Ltd.(KGAR)は、B737、A320型機向けを中心とした部品を英国・米国内倉庫に保有しています。KGARは、世界中のお客さまからの部品販売、リース等の多様な要望に柔軟かつ迅速に対応します。緊急での部品供給の要求に備え、24時間365日対応可能な体制を取っています。

空飛ぶクルマとドローン事業

兼松ではSkyports社と資本業務提携し、空飛ぶクルマの離着陸場開発・運営、及び、ドローン物流サービスの事業化を行っています。Skyports社の豊富な実績やノウハウを生かしつつ、空飛ぶクルマの社会実装に必要不可欠となる離着陸場とドローン物流サービスの事業化に向けた取組みを進めています。

官公庁向け航空機・部品販売事業

兼松は米国の航空機メーカー、Texrton Aviation (テキストロン・アビエーション)社の代理店としてビジネス・ジェット機をベースとした官公庁向け特殊任務機及びその部品販売に注力しています。セスナサイテーションシリーズは、小型機から中型機まで幅広いラインナップを取り揃えており、長年培った経験とノウハウを最大限に活かすことで、今後予定されている多種多様なプロジェクトに最適の航空機を提案します。

商用宇宙ステーション利用による事業開発

兼松は、宇宙機器・サブシステムや商用宇宙ステーションを開発する米国Sierra Space社と業務提携の覚書を締結し、日本における地球低軌道および商用宇宙ステーションの利用拡大に向けて事業開発に取り組んで参ります。商用宇宙ステーションへの物資補給、有人ミッション、各種実験・開発、エンターテインメント利用等を行い地球低軌道におけるビジネスの拡大を目指します。