車両・航空

テキストロン・アビエーション社セスナサイテーションシリーズの官公庁向け販売代理権を獲得

 兼松は、2015年8月に世界的なベストセラーである米国テキストロン・アビエーション社製ビジネスジェット機「セスナサイテーションシリーズ」の国内官公庁向けの販売代理店権を獲得しました。
 今回の販売代理店権の獲得は、兼松が過去20年以上にわたり航空自衛隊にスペシャルミッション(特殊任務)機を30 機以上販売した実績と納入後のアフターサービス活動が評価されたもので、日本国内でのテキストロン・アビエーション社製ジェット機の官公庁向け販売を任されました。
 同年10月には、サイテーションCJ4にノルウェーのNSM社製飛行検査装置を搭載した飛行検査機3機、2017年度には追加2機を国土交通省航空局に引渡し、さらに2020年3月にはサイテーションLatitude2機を航空自衛隊に引き渡しました。
 セスナサイテーションシリーズは、7人乗りの小型機から12人乗りの中型機まで幅広いラインナップを取り揃えており、長年培った経験とノウハウを最大限に活かすことで、今後予定されている多種多様なプロジェクトに最適の機体を提案していく予定です。

関連プレスリリース:

  • YAHOOファイナンス
  • JPX日経400
  • JPX日経中小型
  • SharedResearch