鉄鋼・素材・プラント

鋼管需要の拡大に向けた取り組み

兼松では、従来、鋼管販売のグループ会社であるSteel Service Oilfield Tubular社(SSOT社)を通じ、米国の大手石油会社に鋼管の販売を行ってきましたが、2012年に、北米の鋼管加工事業会社Benoit Machine LLC(ベンワ社)を日本の大手鉄鋼メーカーと共同で買収したことにより、鋼管ビジネスにおける製造、加工、販売といったバリューチェーンを構築しました。

昨今は、非在来型資源であるシェールガス、シェールオイルに注目が集まり、鋼管市場がますます拡大すると予想されています。

兼松グループは、バリューチェーンの強化を図り、シェールガス、シェールオイル、深海・超深海の石油掘削などの需要増大に対応していきます。

  • YAHOOファイナンス
  • JPX日経400
  • JPX日経中小型
  • SharedResearch
  • IR_questionnaire