兼松、火を使わずに食品加熱が可能な「防災加熱袋」を販売開始

本リリースのPDFはこちら(PDF 842KB)


2020年10月19日

 

兼松株式会社(以下、兼松)は、電気や火を使わずに一定時間袋の内部を約97℃に保つことができる「防災加熱袋」の販売を開始しました。

「防災加熱袋」は、災害や停電などの緊急時に、火を使わずにレトルト食品や缶詰などを温めることができます。これは、発熱剤である生石灰と水との反応による発熱を利用するもので、発熱は水を注入後20〜50秒程度で始まり、約15分間の加熱が可能です。

「防災加熱袋」の特長

・最高温度は約97℃

・火を使わず、レトルト食品、缶詰、缶コーヒーの加熱が可能

・ミルクの入った哺乳瓶も使用可能

・必要なものは150mlの水だけ。海水でも使えます

・防災リュックに収納しやすいコンパクトなサイズ


「防災加熱袋」は、1パックに加熱袋1枚と発熱剤1個が入っており、1パック1回のみ使用できます。加熱袋の底に発熱剤を置き、150mlの水を注ぐと加熱が始まり、缶詰やレトルト食品、缶入り飲料などを簡単に温めることができます。

火を使わないので、火気の使用等が禁止されている場所でも、安心して使用していただけます。また、災害や停電などの非常時はもちろん、ハイキングやキャンプなどのレジャーにもご利用いただけるので、さまざまな場面で、気軽に暖かい食べ物や飲み物を召し上がることができます。


兼松では、20年に亘り品質の高いアルカリ乾電池を販売してきました。現在、長年培った経験とネットワークを活用し、防災関連商品の開発と販売を進めており、「防災加熱袋」は、今年8月より販売を開始した「防災電池」に次ぐ防災シリーズ商品の第二弾となります。

「防災電池」

「防災加熱袋」および「防災電池」は、どちらもAmazonにてお買い求めいただけます。
ぜひ、ご利用ください。


【販売価格】

防災加熱袋:6パック入り1,793円(消費税込み)
防災電池: 単三形アルカリ乾電池40本入り1ケース1,980円(消費税込み)


<防災商品に関するお問い合わせ先>
兼松株式会社 電子機器部第一課 Tel 03-5440-9035
E-mail:TDE1_B@kanematsu.co.jp 
URL:https://www.kandenchi.net

防災加熱袋 : http://www.amazon.co.jp/dp/B08JCY14PQ
防災電池 : http://www.amazon.co.jp/dp/B08F9PTK6S

<報道機関のお問い合わせ先>
兼松株式会社 広報・IR室 Tel 03-5440-8000

  • YAHOOファイナンス
  • JPX日経400
  • JPX日経中小型