兼松、乾電池を中心にした「防災セット」を販売開始

本リリースのPDFはこちら(PDF 586KB)


2021年8月19日

 

 兼松株式会社は、非常時の情報取得と電源の確保に重点を置いた「防災セット」を新たに販売開始しました。災害時に必要性の高いスマートフォン等の充電器「防災充電器」と、単3形と単4形それぞれ40本入りの「防災電池」に、LEDライト付きのラジオを組み合わせた防災商品です。

 

 停電時の情報取得や連絡手段に不可欠なスマートフォンの重大な問題である電源確保は、アルカリ乾電池6本を用いた「防災充電器」と単3形「防災電池」で解決できます。どこでも充電が可能、最大1.5Aの高出力で、従来商品の乾電池4本を用いた充電器より約2倍の充電性能を備えております。(当社調べ)

 防災セットに含まれているLEDライト付きラジオは、突然の停電時に懐中電灯としても活用できます。停電が長期化するとラジオによる情報取得も欠かせません。各地の被害、電気・水道・ガスや道路などのライフラインの状況、行政の対応など、省電力なこのラジオで信頼度の高い情報を継続的に取得することができます。

 近年、異常気象の影響で大雨特別警報の発令が頻発しており、避難生活は身近な出来事となってきました。また、今後30年以内に、首都直下地震や南海トラフ地震などが高い確率で発生するという内閣府の発表もあります。震度6弱の地震で国内電力の大部分を賄う火力発電所は稼働を停止すると言われており、停電が数日から一週間と長期化するおそれもあります。仮に、一週間停電した場合、4人家族で4台のスマートフォン充電に必要な乾電池はおよそ120本となる計算です。そこで災害などによる停電の長期化に備えた乾電池の備蓄が非常に重要となってきます。

 自然災害に備えて、日常でも使用しながら買い足していくローリングストックで、多めの備蓄を心掛けることが大切です。また、家庭での備えに加え、職場での備えもあれば安心です。この防災セットはA4サイズの梱包箱で、そのままデスクの引き出しや本棚・キャビネットなどに収納できます。


「防災セット」および単体商品はAmazonにて販売しています。
  防災セット (税込6,480円) https://www.amazon.co.jp/dp/B097TLHM9Z
  防災充電器 (税込1,780円) https://www.amazon.co.jp/dp/B08XLVRV9Z
  防災ラジオ (税込1,980円) https://www.amazon.co.jp/dp/B097923KSV
  防災電池      (税込1,980円)   https://www.amazon.co.jp/dp/B08F9PTK6S


<防災商品に関するお問い合わせ先>
兼松株式会社 電子機器部第一課 Tel 03-5440-9035
E-mail:TDE1_B@kanematsu.co.jp 

<報道機関のお問い合わせ先>
兼松株式会社 広報・IR室 Tel 03-5440-8000

  • YAHOOファイナンス
  • JPX日経400
  • JPX日経中小型
  • SharedResearch