商用宇宙ステーション利用による事業開発に向けた業務提携について

本リリースのPDFはこちら(PDF 369KB)

2021年9月8日


兼松株式会社(以下、兼松)と宇宙機器・サブシステムや商用宇宙ステーションを開発する米国Sierra Space社は、業務提携の覚書を締結いたしました。

 本提携の目的は、兼松とSierra Space社が、日本における地球低軌道および商用宇宙ステーションの利用拡大に向けて事業開発に取り組むことです。

 Sierra Space社は、2022年後半にはDream Chaser®(注1)による国際宇宙ステーション(以下ISS(注2))への補給ミッションを開始、2027年には商用宇宙ステーション「Sierra Space Station」の打ち上げを予定しています。Sierra Space Stationは、日本の新型宇宙ステーション補給機(HTV-X)を含む世界各国の補給機に対応する予定です。ISSにおける活動で得た成果を最大限に活かし、Sierra Space Stationへの物資補給、有人ミッション、各種実験・開発、エンターテインメント利用等を行い地球低軌道におけるビジネスの拡大を目指します。

 これまで兼松は、Sierra Space社の代理店として、宇宙機器・サブシステムを国内民間企業へ提供しておりました。今回の業務提携によってその活動範囲を拡大し、主に日本企業向けに地球低軌道利用、商用宇宙ステーション利用事業の開発を加速します。

 兼松では「環境」「安全」「快適」をテーマに、次世代の事業創造に取り組んでおります。本連携を契機に、商社である兼松が保有するビジネスノウハウ、経験、ネットワークを十分活かし、商用宇宙ステーションを軸とした最先端の事業創造を目指します。

(注1) Sierra Space社が開発する再利用型宇宙往還機を指す。2022年後半から国際宇宙ステーションへの補給を行う無人での運用が開始される。2020年代後半には、有人機の運用も開始される予定。

Sierra Space社が描く商用宇宙ステーションを活用した将来構想ビデオ:


(注2)ISSは、現在2024年までの運用で各国予算化されている。米国では、議会にて2028年もしくは2030年までの国際宇宙ステーション運用延長に向けた議論がなされている。


●Sierra Space社CEO Tom Vice氏のコメント:

地球低軌道の商業化はグローバルに取り組む必要があり、兼松はSierra Space社にとって重要なパートナーです。航空宇宙、エレクトロニクス、材料、技術、製造の分野における革新的なリーダーとして、兼松は新しい宇宙利用に関するSierra Space社のビジョンを共有しています。

国際的な関係を育み、Sierra Space社の技術をさらに発展させ、日本の産業界の力を我々の商用宇宙ステーションに活用するための今回の業務提携を大変嬉しく思います。航空宇宙市場での豊富な経験を持つ兼松をSierra Space社の事業開発のパートナーとしていることを誇りに思います。


●兼松株式会社 上席執行役員 車両・航空部門長 城所僚一のコメント:

商用宇宙ステーションの利用やDream Chaser®に関して、世界でも技術開発をリードするSierra Space社と業務提携を締結でき大変喜ばしく思います。

当社は20年以上に及ぶ宇宙事業の経験と総合商社として様々な分野で得たネットワークを保有しており、それらを活かして地球低軌道利用、商用宇宙ステーション利用の事業開発を推進いたします。商用宇宙ステーションの利用は、従来の宇宙関連企業だけでなく、宇宙関連以外の企業との連携もできると考えております。当社は、本事業の取組みを通じて、日本の宇宙産業の発展へ貢献して参ります。


●Sierra Space社について:

Sierra Space社は、Sierra Nevada Corporation (以下SNC)の宇宙事業からスピンオフした新しい商業宇宙企業です。Dream Chaser®の再利用型宇宙往還機や拡張可能なLIFE™ Habitatなどの画期的な技術を活用して、Sierra Space社は、将来の宇宙輸送、低軌道におけるインフラである商用宇宙ステーションを構築します。そのターンキーソリューションは、Space-as-a-Service(サービスによる宇宙事業)として、世界中の様々なステークホルダーに宇宙を開放することを目的としております。

30年以上にわたる宇宙での実績を持つSierra Space社は、4,000以上のシステム、サブシステム、コンポーネントを世界中の顧客に提供し、火星を含む500以上の宇宙プログラムに参加してきました。Sierra Space社は、航空宇宙および国家安全保障の世界的企業であるSNCの子会社です。


●Sierra Nevada Corporationについて:

SNCは、会長兼社長のエレン・オズメン氏とCEOのファティフ・オズメン氏が所有する会社で、航空宇宙・防衛・国家安全保障分野において、米国及び世界を代表する企業です。

60年近くにわたり、SNCは最先端の技術を民間、軍事、商業関連のお客様向けに提供してきました。

SNCは、2年連続で米国のベスト・マネージド・カンパニーに選ばれるなど、イノベーション、顧客満足度、リーダーシップに関する数々の賞を受賞しています。2021年6月に、SNCは宇宙事業分野を独立させて、Sierra Space社を設立することを発表しました。


<お問い合わせ先>
兼松株式会社 広報・IR室 Tel 03-5440-8000
https://www.kanematsu.co.jp/inquiry/

  • YAHOOファイナンス
  • JPX日経400
  • JPX日経中小型
  • SharedResearch