兼松、インドネシア総合食品メーカー「Cimory」の株式を取得

本リリースのPDFはこちら(PDF 996KB)

2021年12月7日


 兼松株式会社(以下、「兼松」)は、この度、インドネシアの総合食品メーカーである PT Cisarua Mountain Dairy Tbk(以下、「Cimory」)がインドネシア証券市場(IDX)への上場のために実施した新規株式公開 (IPO)に参加し、同社株式を取得いたしました。


 Cimoryは、自社及びグループ企業にて生乳やドリンクヨーグルトをはじめとした乳製品、ソーセージなどの畜肉加工品、マヨネーズなどのソース類といった動植物性タンパク質製品を中心に製造し、グループ内の物流企業を通じて5万店にも上る従来型の小規模個人商店や食料雑貨品店、急拡大するコンビニエンスストア、スーパー・ハイパーマーケットなどの近代的小売業態、ファーストフードやレストランチェーン向けといった幅広い販売チャネルへ商品を展開しています。

 さらには、「Miss Cimory」という一般消費者への直接宅配販売チャネルを有し、約2,700名の販売スタッフを通じて、20万世帯以上のご家庭に製品を届けています。現在は、最も人口の多いジャワ島やバリ島を中心に展開しておりますが、今後は販売エリアの拡大も計画しています。


 インドネシアは2億7000万人を超える人口を抱え、平均年齢は30歳前後と若く、さらには経済成長に伴う消費者の購買力向上により食シーンや嗜好の多様化が進む中、良質かつ多様なたんぱく源のニーズが高まっており、Cimoryグループの商品群は更なる需要拡大が期待されています。


 兼松では、中期ビジョン「future 135」において「アジア食市場の深耕」を注力分野の一つに掲げております。兼松とCimoryグループは、2012年より食品加工およびセントラルキッチン事業会社 PT Kanemory Food Serviceを共同設立・運営し、良好なパートナーシップを育んで参りました。

 今回の株式取得を通じて、長期的な戦略事業パートナーとして、グループの販売チャネルを活用した総合食品卸売業への進出や、今後インドネシアへ進出する日本食品メーカーや小売企業への支援を強化し、インドネシアにおけるラストワンマイルを含むフードバリューチェーンの構築・強化を推進して参ります。


Cimory社 概要

会社名 PT Cisarua Mountain Dairy Tbk (Cimory)
設立 1989年
本社 インドネシア・ジャカルタ特別州
業容 乳製品(生乳・発酵乳など)の製造

傘下企業
PT. Macroprima Panganutama:畜肉加工品(ソーセージなど)の製造
PT. Java Egg Specialities:ソース類(マヨネーズなど)の製造
PT. Macrosentra Niagaboga:Cimoryグループ製品の販売・物流
URL

https://cimory.com/


チモリー商品イメージ図
チモリー商品イメージ図


チモリー上場式の様子
チモリー上場式の様子

以 上


<お問い合わせ先>
兼松株式会社 広報・IR室 Tel 03-5440-8000 https://www.kanematsu.co.jp/inquiry/

  • YAHOOファイナンス
  • JPX日経400
  • JPX日経中小型
  • SharedResearch
  • IR_questionnaire