本リリースのPDFはこちら(PDF 550KB)

2023年3月10日


 兼松株式会社(以下、「兼松」)は、石川県加賀市(以下、「加賀市」)と連携しドローンを活用した血液輸送等の実現に向けた実証試験を実施します。

 兼松と加賀市は「空飛ぶクルマ・ドローンを用いた地方創生を実現するための包括連携協定」を締結しております。本実証実験は、加賀市が推進するAdvanced Air Mobility(以下、「AAM」)の産業集積を目指す「空の産業革命」の実現に向けて実施している活動の一環として行うもので、将来のメディカルドローン配送ネットワーク実装化を目的としています。

 本実証実験においては、兼松が資本業務提携を結んでおりますSkyports社(以下、「Skyports」)がドローンのオペレーターとして参加します。


1.実施概要

加賀市内の医療機関間を結ぶ配送ルート(2ルート)を設定し、ドローンによる血液等模擬品の配送を実施します。配送を通じてドローン輸送における温度変化・温度管理・配送可能数を検証します。
本実証実験では、Swoop Aero社製ドローン「Kookaburra」を使用します。今回の実証実験が日本国内での初飛行となります。

また、本実証前のテスト飛行は加賀市が提供する「ドローンコンプレックスKAGA」においてテスト飛行が実施されており、実証実験までの一連の活動が加賀市内にて既に完了しております。


2.実施予定日

令和5年3月13日(月)― 3月17日(金)
※3月15日(水):招待者向け実証日、荒天時予備日:3月16日(木)


3.飛行ルートおよび離着陸地点

加賀市医療センターを中心に、「加賀温泉ケアセンター~加賀市医療センター」および「山中温泉ぬくもり診療所~加賀市医療センター」の2ルートで実施します。当該飛行は「有人帯地帯/目視外飛行/幹線道路の横断」を含んでおり、将来におけるレベル4を想定した飛行ルートなっています。また、医療機関施設において垂直離発着を行うことで、各医療機関内の輸送ルート動線を可能な限り短縮できるよう設定しております。
※加賀医療センターの離発着場は施設屋上に設置。


<各社の役割>

石川県加賀市:本実証委託事業者、地域調整、実証全般の支援、施設提供
兼松株式会社:本実証受託・主体事業者、全体統括
Skyports社:ドローン機体提供、ドローンの遠隔運航


<特別協力>

NTTコミュニケーションズ株式会社 北陸支社:ドローン飛行における通信環境の提供


<お問い合わせ先>
兼松株式会社 広報・IR室 Tel 03-6747-5000 https://www.kanematsu.co.jp/inquiry/