サステナビリティ

人材への取り組み

人材への取組み

兼松にとって人材は大切な財産であり、人材を守り育成していくことは、兼松の成長にはとても重要なことであると考えていま す。社員が働きやすく、働きがいのある会社としていくために、育児支援、介護支援などワークライフバランスに繋がる制度を整え ています。また、兼松の成長に不可欠な人材育成にも注力しています。

人事総務担当役員メッセージ

人事総務担当役員 田中 一生

田中 一生
上席執行役員 人事総務担当

人材育成の更なる強化と
ダイバーシティ&インクルージョン
(D&I)の推進

兼松グループにとって、人材は最も大切な財産です。創業者兼松房治郎の創業主意を受け継ぎ制定された企業理念の一節に、「会社の健全なる繁栄を通じて、企業の社会的責任を果し、従業員の福祉を増進する」とあります。兼松は、130年前の創業当時から人材育成や働きやすい環境づくりに力を入れ、豊かな人材とともに成長と発展を遂げてきました。

中期ビジョン「future 135」では、「持続的成長を実現するための経営インフラ確立」を重点施策として掲げており、グローバル戦略に対応する体制づくり、経営人材の育成、従業員満足度(ES)の向上を目指しております。

経営人材の育成に関しては、2019年7月より、従来の研修制度を強化・体系化した「兼松ユニバーシティ」を開講しました。

兼松グループの持続的成長に向け、中長期的な広い視野と全社的な高い視座を養うことにより質の向上を図り、次世代の兼松グループを背負って立つ人材を育成して参ります。

また2019年10月には人事総務部内にD&I推進チームを組成しました。初年度は女性活躍推進施策の一環で、モチベーションの向上を主なテーマとしてダイバーシティ講演やエリア特定向けのキャリア研修を実施しました。今後の活動では、多様な考え方や価値観を認識・受容することで、誰もがより働きやすく、より能力を発揮できる環境の整備を進め、働き方改革の推進と融合させていくことで、社員のエンゲージメントを高め、SDGsの実現を目指します。

ウィズコロナの時代には、働き方や価値観、ビジネスモデルが大きく変化していくことが予想されます。どのような時代にあっても、公平さや誠実さなど基本的な資質を兼ね備えた個性豊かなビジネスパーソンの更なる育成を実現し、一人ひとりが誇りをもってお取引先との強固な信頼関係を構築し続けていけるよう、更なる制度の充実を図りながら、兼松グループの発展を支えて参ります。

  • YAHOOファイナンス
  • JPX日経400
  • JPX日経中小型