事業紹介

食料

食料(食糧)

食糧部門は、米や麦をはじめとする穀物、大豆やとうもろこしなどの農産品、パスタ等農産加工品、飼料・肥料に至るまで食の基盤といえる「ものとサービス」を提供しています。
私たちは、“創造的革新的な工夫と伝統的なチャレンジ精神を持って、世界の農業・食料・食生活の発展に貢献する。”という部門理念の下、「安全で安心な食をお届けすることにより、世界の人々の豊かな食生活と、地域社会の人々の生活の質の向上に貢献すること」を目指しています。特に、人口の増加とともに経済が力強く伸長している「アジアの食市場」においては付加価値型バリューチェーンの構築に取り組み、一方、国内ではICTを活用したスマートアグリの推進による酪農畜産業の効率化を推進するなど、従来のトレーディングを超えた付加価値創造に注力して参ります。また、食品安全管理体制の強化を通じ、お客さまに更なる「安全・安心」を提供して参ります。




濱崎 雅幸
上級執行役員
食糧部門長

食料(畜産)

畜産部門では、生体牛、牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉などの原料から畜産加工品まで畜産物全般について幅広い商品群を取り扱っており、加工・物流機能を組み合わせ、お客さまのニーズに合った安心・安全な付加価値の高い商品を提案しています。 また、我々の使命である商品の安定供給に向け海外調達先の多様化、海外パッカーとのパートナーシップ強化にも積極的に取り組んでいます。
各取扱商品において、日本国内では業界No.1を目指します。また、注力市場であるアジア市場においても既存ビジネスモデルの横展開に取り組んでおり、国内外のバリューチェーンを構築、強化することにより、規模の拡大を図って参ります。
兼松グループの総合力を最大限に発揮し、安心・安全な畜産物をお届けすることにより、日本、アジアの人々の豊かな食生活と、地域社会の人々の生活の質の向上に貢献します。



橋本 徹
執行役員
畜産部門長



食料(食品)

食品部門では、輸入食材の外食・中食・小売市場への販売を主軸に、フルーツ加工品や惣菜・加工食品の分野では、早くから海外に選別・加工を目的とした合弁工場を設立し、原料調達から加工まで一貫した生産管理体制を構築し、お客さまの求める「高品質」と「安全性」を追求した商品を提供しています。
製菓材料やコーヒー、ワインなどの嗜好品に関しては、世界の産地の中で比較検討を重ね、農園や工場環境を確認し、私たちが納得できる品質の商品を供給できるパートナーを選定しています。また、落花生やゴマなどの農産品では、新たに産地開発(品種開発・契約栽培・選別加工)に注力し、差別化商品として販売しています。
調理食品に関しては、『おこわおにぎりの製造方法』の特許取得など、ソリューション型商品を開発し、自社の商品開発部隊による商品提案を展開しています。さらに、国内のフードサービス市場で培った多品種同時製造を可能にするセントラルキッチン機能を備えた工場を海外に展開し、地産地消型事業の発展に注力しています。




西村 浩一
執行役員
食品部門長

clear
clear

グループ会社

食料(食品/畜産/食糧)

兼松新東亜食品株式会社 食品の販売並びに冷蔵倉庫業
兼松ソイテック株式会社 大豆・雑豆・雑穀の販売および 豆腐など食品加工用資材の開発・販売
兼松アグリテック株式会社 飼料・肥料の製造・販売
KAI Enterprises, Inc. 乾牧草・粗飼料の販売 
KG Agri Products, Inc. 食品大豆の種子開発、契約栽培、選別加工、販売
GPCホールディングス株式会社 ペットフード・用品の卸売
株式会社ノースペット ペット用スナックの製造
PT. Kanemory Food Service 食品加工、セントラルキッチンの運営
大連潤松生物飼料有限公司 飼料原料(膨化大豆大豆粉)の製造・販売
株式会社ケイズミートソリューション 日本国内での食肉一次加工
  • YAHOOファイナンス
  • JPX日経400
  • JPX日経中小型