人材への取り組み

ダイバーシティ&インクルージョン

当社ではD&I推進チームを組成し、多様な考え方や価値観を認識・受容することで、誰もがより働きやすく、より能力を発揮できる環境の整備を進めています。当事者意識の醸成を目的とした活動としては、全社向けe-learningの導入、多様なフィールドで活躍する講師を迎えるダイバーシティ講演、男性育児休業の広報活動、全社横断プロジェクトチームによる推進活動等を実施しています。


D&I推進チームの目標

当社が掲げる「事業創造集団」として経営目標を達成するためには、世界に散らばる" 違い" を積極的に取り込む必要があります。これからの100年も存続し社会に貢献していくグローバル企業として強く大きくなり、誰もが公正・公平な処遇を得て多様な才能を輝かせ続けることができる柔軟な組織を目指し活動して参ります。

多様な社員のさらなる活躍推進

一般事業主行動計画(女性活躍推進)(概要)

計画期間 2019年4月1日~2024年3月31日
当社の課題 毎年一定数の女性社員を採用しているが、新卒採用における女性社員の割合、基幹業務に従事する女性の割合、および管理職に占める女性の割合が低い。
目標
  1. 基幹業務に従事する、課長補佐担当以上の女性社員の人員増加
    (2018年3月末27名 ⇒35名)
  2. 新卒女性社員採用の割合増加 (2018年度34%⇒42%)
取り組み 新卒女性社員の採用比率増と、女性社員が長く働きやすい体制づくり

女性社員数推移

2017年度2018年度2019年度2020年度2021年度
広域※女性数 54名 52名 54名 64名 66名
課長以上女性数 2名 3名 4名 5名 7名
課長補佐以上 22名 27名 28名 31名 31名
新卒女性社員
採用割合
34.4% 34.0% 39.0% 51.0% 63.6%
※勤務地は業務ニーズによって決まり、将来にわたって特定されない。将来的に会社の基幹業務を担当する者。

一般事業主行動計画(次世代育成)

「一般事業主行動計画」では、主に社員がライフイベントの起伏の如何を問わず、自律的に業務に取組み、継続的に活躍できる職場環境の整備を目標とし、能力を十分に発揮できるよう取り組んでいます。

 厚生労働省(東京労働局)より、2020年にプラチナくるみん認定を受けました。これは、次世代育成支援対策推進法に基づき行動計画を策定し、その目標を達成してくるみん認定を受けた企業のうち、仕事と育児の両立支援等において、より高い水準の取組みを行った企業が受けることができる特例認定です。

D&Iを実現するための施策

    • 勤務地限定社員が課長あるいは課長補佐の職務を担うことのできる制度
    • 配偶者転勤に伴う退職者の再雇用制度
      • ワークライフバランスを考慮した取組み
      •   ①妊娠中の軽勤務
      •   ②育児のための短時間勤務(小学校3年生終了時まで)
      •   ③子の小学校卒業までの個人別時差出勤
      •   ④フレックスタイム制度
      •   ⑤育児のための時間単位有給休暇制度
      •   ⑥妊娠休暇
      •   ⑦ベビーシッター派遣事業割引券制度


          • Advanced Career 支援制度
            40 代からシニア世代の活躍を支援するために2022年度から導入したキャリア支援制度です。45歳、50歳、
            52歳でキャリアデザインやライフプランの研修を行い、人生100年時代の主体的なキャリア開発を促します。

ダイバーシティ採用

多様なバックグラウンドを持つ学生を世界中から採用するため、グローバルな経験を持つ学生を対象とした選考活動を実施しています。

ダイバーシティ採用(新卒広域職内割合)

2017年
入社
2018年
入社
2019年
入社
2020年
入社
2021年
入社
2022年
入社
外国籍留学生 0% 3% 0% 3% 26% 20%
海外大卒業生 0% 0% 3% 6% 16% 33%

障がいを持つ方の雇用

当社では人権の尊重を行動基準に掲げ、多様な人材が共に働き活躍できる職場環境づくりを推進しており、その一環として障がいを持つ方の雇用にも精力的に取り組んでいます。当社で就業中の障がいを持つ方には、それぞれのスキルや経験を考慮したうえで、各人の能力を最大限に発揮できる場で活躍いただいています。

※障がい者雇用率:2.39%(2022年6月時点)