人材への取り組み

健康経営

兼松グループにとって人材は最も大切な財産です。兼松グループでは持続的成長のために注力する5つの重要課題(マテリアリティ)の1つとして「多様な働き方を実現する環境づくり」を設定しており、多様な人材がそれぞれの個性・ 能力を発揮できる環境を維持し、従業員の育成を推進することが重要であると考えております。その基盤となるものは従業員の健康維持・増進です。

兼松は、「会社の健全なる繁栄を通じて、企業の社会的責任を果たし、従業員の福祉を増進する」という企業理念の一節に基づき、人材育成や働きやすい環境づくりに力を入れるとともに、健康経営の取組みを推進すべく、以下のとおり「兼松健康経営宣言」を定めます。

基本的な考え方

兼松グループの持続的成長のために注力する5つの重要課題(マテリアリティ)の1つである「多様な働き方を実現する環境づくり」、多様な人材がそれぞれの個性・ 能力を発揮できる環境を維持し、従業員の育成を推進するために、従業員の健康維持・増進が重要な経営課題であると考えます。このため、当社は健康経営の取り組みを推進し、今後の持続的成長を実現するために、以下の通り、兼松健康経営宣言を定めます。

兼松健康経営宣言

当社は、持続的成長を目指す上で、従業員の健康維持・増進を重要な経営課題と考え、健康経営を推進すべく、以下のことに取り組みます。

  1. 健康管理:

    従業員一人ひとりが自らの健康維持・増進に積極的に取り組むことを支援します。
  2. 環境改善:

    従業員が健康的に働き、組織の中で活躍できる職場づくりを推進します。
  3. 継続的改善:

    健康管理と環境整備のための施策について、検討・実行・効果検証・改善を継続的に行います。

健康経営推進体制

当社は、人事担当役員を健康経営推進責任者とし、人事部・産業医・診療センター・衛生委員会・健康保険組合から成る組織体制で健康経営を推進します。また、健康経営への取り組み内容を経営会議に報告する機会を設けています。
健康経営推進体制

健康経営優良法人2021

当社は健康経営に関する取り組みが評価され、経済産業省が主催する「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました。

  • YAHOOファイナンス
  • JPX日経400
  • JPX日経中小型
  • SharedResearch
  • IR_questionnaire